セラピーによって測定結果はどのように変化するのか?

セラピーを受けた場合、測定結果がどのように変化するのか?
これは多くの方が興味を持たれると思います。

教科書的に説明しますと、セラピーを受けて、体に良い変化が現れる場合、以下の現象が起こります。

1.発光面積が増大する
2.発光のバランスが整う

zengo

ですが、この現象に至る過程については、個人差があることを考慮に入れる必要があります。と言いますのも、セラピーを受けたり、良い商品を使えば、人の体は均一に同じ反応をするわけではないからです。セラピーによる変化を測定する場合、セラピー後の変化は、人によってそれぞれのばらつきがあると考えるべきです。つまり、セラピーを受けることで「発光面積が増える人」「発光面積が減る人」「発光面積が変わらない人がいる」ということです。

個人差はなぜ生じるのか?

なぜ、個人差が生じるのでしょうか?
これは、その人の体質、その日の体調はもちろん、セラピー前に何をしていたかなど多くの理由により、セラピーを受けた後の体の反応が変わってくるからです。

私たちの現場の経験からすると、一定の人数(例えば15人)を一定の期間(1ヶ月)、定期的にセラピーを実施し、GDV測定を行うと、
平均的に発光面積が増大する、など全体的にセラピーの効果が表れていることが分かります。

個人差があるということを踏まえ、一回のセラピーで変化がわかるケースと、ある程度時間が経つことで変化がわかるケース、双方があると考える必要があります。