生体エネルギー測定機器GDVのオフィシャルサイトです。

サロンで活用する

GDVのサロンでの活用法

GDVとはでご説明した通り、GDVは10本指全てを測定します。ですが、一本一本を「発光の大きさは…」「形は…」と見ていくことは大変です。そこでGDVは、10本指をまとめて解析する現場向きのソフトウェアがあります。ソフトウェアにより、心身の状態をもっと分かりやすく評価することが可能です。

サロンという現場でGDVを用いる場合、セラピーによる身体の変化をビジュアライズで分かりやすく評価するソフトウェアは、お客様にとって大きなインパクトをもたらし、コミュニケーションの活性化にもつながり、結果的にお客様の満足度を高めることが出来ます。

また、測定結果はプリントアウトし、お客様にレポートとしてお持ち帰りいただくことも可能です。

ソフトに関する詳細は、目的に応じたソフトウェアをご覧ください

 

GDVのサロンでの活用法1 セラピー効果の測定

ここでは海外のスパでセラピーを受ける前後の測定事例を紹介します。

zengo3

salon1

1.まず、スパでのセラピーを受ける前にGDV測定をします。
 

salon2

2.スパで各種セラピーを受けます。
 

salon3

3.セラピーを受けた後に、再度GDV測定をします。
 

zengo4

専用ソフトウェアGDV Energy Fieldによるセラピー前後のエネルギー分布例
セラピー後は、全体のバランスが整い、エネルギーの欠損が無くなったことが分かります。
 

セラピーを受ける前後でGDV測定をすることで、お客様の今の状態を知っていただいた上で、セラピーによって体がどのように変化したのか、セラピー効果をビジュアルでお客様に見て頂くことが出来ます。このことは、お客様の満足度を飛躍的に向上させるだけでなく、新しいサービスとして、他店との差別化に繫がります。

 

GDVのサロンでの活用法2 セラピーの選定

「GDVチャクラ」ソフトウェアを使用することで、セラピー前にGDV測定することで、測定時のお客様のチャクラのエネルギー量、エネルギーバランスを評価することが可能です。特にアロマセラピーの分野において、チャクラの存在は切っても切り離せない存在です。例えばGDV測定によりヴィシュッダチャクラのバランスがセンターラインよりずれていることが評価されました。この結果から、例えばヴィシュッダチャクラのバランスを整えるセラピーやトリートメントを行うなど、セラピーの種類に幅を持たせることが可能です。

chakra_before

GDV開発者のコロトコフ博士は、「例えば第一チャクラがセンターラインからズレている場合は、どっしりしている香りのエッセンシャルオイルが望ましい=セラピーでフランキンセンスやミルラ等を使用する」と、チャクラの結果からセラピーで用いる精油を選定することも可能だと言及されました。

また、GD.Vedaソフトウェアを使用することで、お客様の体質(ドーシャ)を測定することが可能です。ドーシャとはアーユルヴェーダにおける重要な概念のひとつで、セラピー現場でもその概念を用いられているサロンは多いと思います。GDVで3つのドーシャのバランスを測定し、結果に応じたセラピーを提案、実行することが可能です。
<br/ >

veda1

お気軽にお問い合わせください TEL 075-778-5066 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 黎明株式会社 All Rights Reserved.